写真、プログラミング、バイオリン、ピアノ、初音ミク その他広くて浅い趣味いろいろ・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arduino UNOが死んだ時に復活させる手順のメモ

何かの拍子に,PCに接続しても認識されなくなってしまったArduino UNO R2。
以下の手順で復活しました。
1. 電源投入後にピンショートしてDFUモードにする
参考:(http://dev.tetrastyle.net/2011/09/arduino-uno-r2.html
2. ATMEL FLIP 3.4.7で ATmega8U2にArduino-usbserial-uno.hexをフラッシング
この時点で復活しなかったので,さらにATmega 328のリストアをする。
(ブートローダー書き込みも何故か失敗した)
3. AVRISP MK2を使って,正常なArduinoからATmega 328のFlashとEEPROMを吸い出す→XXX.hex , XXX.epp
4. ダメなArduinoに吸い出したファイルを書き込む

上記手順で無事復活しました。
AVRは割りと丈夫で,過電圧とかで一時的におかしくなっても,フラッシングし直せば大体復活するようです。捨てずに復活チャレンジしてみましょう。(本当に死んじゃったならMPU差し替えればいいし)
自分用メモなので,わかりやすくはありませんが。。。
ソフマップ・ドットコム

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

fabliaty

Author:fabliaty
コメント頂けるととっても大喜びします!

ブログ内検索


ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。